スタッフ募集

とても大切な保証と点検サポート


共栄ホームでは建設させていただいた住宅に、自社の保証にプラスして、第三者機関の保証制度を導入しています。

完成保証.png

完成100%保証 「建てられなくなりました」なんてことは絶対にありません。

「完成保証」は、優れた技術と共に、経営状態など厳しい審査基準をクリアした会社だけお客様にご提供できる保証制度です。 (倒産しないか、ちゃんとした会社がどうかは完成保証があるかないかでわかります。完成保証がある会社か聞いてみることが、もっとも大切です)

登録には建設業法の認可などの基本的な資格と共に
・過去三年間の決算書の提出による経営チェック
・ハウスプラスの定める設計施工基準に適合する
 高いレベルの建築技術を有しているか
などの厳しい検査をクリアしなくてはなりません。
※登録後も経営状態などが定期的に審査されます。
また、工事中のあらゆる事故に対する工事保険(各種損害保険)への加入も義務付けられ、
お客様の財産となる建築中の建物への「安心安全信頼」のご提供に積極的に努めております。

つまり、日本住宅保証検査機構の審査を通過している「共栄ホーム」は、良質な技術を持った健全経営の会社なのです。

いつまでも安心して住んでいただくための初期保証。

家の真の評価は、実際に住みはじめてから決まるもの。共栄ホームでは、ずっと快適に暮らしていただけるように、お引渡し後の10 年間、住まいに安心の保証と保険をお付けしています。さらに、こまめにメンテナンスや補修をすることで、家を正常に保ち、いつまでも安心して生活できるように、各種サポートシステムもご用意しております。

 

 
確実な現場検査
自社の検査だけではなく、公的な第三者機関である住宅保証機構による現場検査の実施。


 
建物の沈下の恐れもありません
万が一、地盤に起因する障害が発生した場合の費用を保証します。
地盤保証制度
共栄ホームでは、契約後、着工前に地盤調査を実施し、建築に適した強度を有しているかを確認します。その結果、地盤の強度が不足していると判断した場合、基礎補強工事や地盤改良工事※を行い、建築に適切な地盤の強度を確保いたします。さらに、お引き渡し後10年間は、万が一の地盤沈下による建物の損害が発生した場合に備え、大手損害保険会社の保険による賠償資力の確保を適切に行い、地盤保証を行っております。
※地盤改良工事が必要な場合は、別途費用がかかります。
詳しくは、こちらをクリック


永きにわたる安心
第三者機関の住宅保証機構と共に、業界トップレベルの安心を実現。
簡単に知りたい方は、こちらをクリック

住宅瑕疵担保責任保険
住宅瑕疵担保責任保険とは、万一、お客さまの家に瑕疵(欠陥)が判明した場合に、その修復費用等が保険金により補てんされるものです。国土交通大臣の指定を受けた保険法人の提携検査機関が、基礎配筋検査、上部躯体検査を行い、その検査に合格した住宅に付けられる10 年間の構造躯体と防水に関しての長期保険です。
詳しくは、こちらをクリック

シロアリ10年補償
基礎パッキン工法により床下換気を行い、シロアリが嫌う乾燥した床下環境を作ります。シロアリ被害を防ぐという、人にも環境にも優しい工法を採用。さらに、土台にはシロアリを寄せ付けにくいヒノキ材を使用しています。万一、シロアリ被害が発生した場合は、保証約款に基づき最高500 万円まで補償します。
詳しくは、こちらをクリック

定期点検      共栄ホームでは点検を必ず行います

共栄ホームでは、定期点検を時期を定め行っております。お施主様の家を建てさせていただいた会社の義務として必ず行います。
お引渡しから定期点検にお伺いさせて頂きます。家は、長く住まわれると、思い出も増えていきますが、比例して、傷や劣化なども蓄積していきます。それを、早期に発見し、対処することにより、より、いい状態で永く住み続けられるようにするのが私達の仕事です。
『ホームドクター』として皆様にお会いできますことを心より楽しみにしております。その節では、また家のことや、人生のこと(^^)などをご相談・お話ください。
住宅保証機構による、10年保険システム + 当社無料30年点検サービス
  造りっぱなしの住宅では話しになりません。
当社では 『責任施工』 『一生涯のお付き合い』 をテーマに10年保証に加え、長期30年無料定期点検サービスを行っております。 

 地盤調査

暇疵(問題)を防ぐには、まず足元をしっかり安定させることが大切です。
まず、地盤に適合した基礎の仕様を提案するために、最初に現場の地盤調査を 実施します。 

配筋検査

建物をしっかり支える為に必要な足元の基礎。
それほど大事なものにも関らず施工精度・品質にバラつきが出やすく均質な 施工が難しいのが実態です。
コンクリートで固めると見えなくなってしまう鉄筋の太さや配置が図面通りに 組まれているか?
セメントを流し込む前にJIOの検査員がきちんとチェックします。 

構造検査

一連の検査の中でも特に重要な、主要構造体の検査は 「主任検査員」 というJIOの専属の一級建築士が厳しい目でチェックします。
家を支える柱や耐力壁の位置は図面通りか?
横揺れを防ぐ筋交いは図面通りに配置され適正に取り付けられているか?
木材の水分は25%以下になっているか?
など一般の方が見極めることの出来ない細かな部分までしっかり検査します。 

家は人がつくるものです。 人がつくる以上、絶対に失敗がないとは言えません。

だからこそ万全を期すために、そしてお客様に安心して生活していただくために共栄ホームでは第3者機関による保証制度を導入しています。

また定期点検を含めたメンテナンスは資格を持った専任の社員が担当します。営業マンや現場監督が本来の仕事の片手間で行なえるような仕事ではないからです。 また日本住宅保証機構(JIO)の住宅性能保証制度によりは、登録された住宅供給事業者(登録業者)が10年間の保証を適正・確実に実行できるよう、現場審査を受け、保険が適用されています。 有料メンテナンスを受ければ更に10年延長保証されます。 家は建てて終わりではありません。 日頃の適切なお手入れによって、新築時の良い状態を長く保つことが出来るのです。

4大保証

とても大切な保証と点検サポート


共栄ホームでは建設させていただいた住宅に、自社の保証にプラスして、第三者機関の保証制度を導入しています。

完成保証.png

完成100%保証 「建てられなくなりました」なんてことは絶対にありません。

「完成保証」は、優れた技術と共に、経営状態など厳しい審査基準をクリアした会社だけお客様にご提供できる保証制度です。 (倒産しないか、ちゃんとした会社がどうかは完成保証があるかないかでわかります。完成保証がある会社か聞いてみることが、もっとも大切です)

登録には建設業法の認可などの基本的な資格と共に
・過去三年間の決算書の提出による経営チェック
・ハウスプラスの定める設計施工基準に適合する
 高いレベルの建築技術を有しているか
などの厳しい検査をクリアしなくてはなりません。
※登録後も経営状態などが定期的に審査されます。
また、工事中のあらゆる事故に対する工事保険(各種損害保険)への加入も義務付けられ、
お客様の財産となる建築中の建物への「安心安全信頼」のご提供に積極的に努めております。

つまり、日本住宅保証検査機構の審査を通過している「共栄ホーム」は、良質な技術を持った健全経営の会社なのです。

いつまでも安心して住んでいただくための初期保証。

家の真の評価は、実際に住みはじめてから決まるもの。共栄ホームでは、ずっと快適に暮らしていただけるように、お引渡し後の10 年間、住まいに安心の保証と保険をお付けしています。さらに、こまめにメンテナンスや補修をすることで、家を正常に保ち、いつまでも安心して生活できるように、各種サポートシステムもご用意しております。

 

 
確実な現場検査
自社の検査だけではなく、公的な第三者機関である住宅保証機構による現場検査の実施。


 
建物の沈下の恐れもありません
万が一、地盤に起因する障害が発生した場合の費用を保証します。
地盤保証制度
共栄ホームでは、契約後、着工前に地盤調査を実施し、建築に適した強度を有しているかを確認します。その結果、地盤の強度が不足していると判断した場合、基礎補強工事や地盤改良工事※を行い、建築に適切な地盤の強度を確保いたします。さらに、お引き渡し後10年間は、万が一の地盤沈下による建物の損害が発生した場合に備え、大手損害保険会社の保険による賠償資力の確保を適切に行い、地盤保証を行っております。
※地盤改良工事が必要な場合は、別途費用がかかります。
詳しくは、こちらをクリック


永きにわたる安心
第三者機関の住宅保証機構と共に、業界トップレベルの安心を実現。
簡単に知りたい方は、こちらをクリック

住宅瑕疵担保責任保険
住宅瑕疵担保責任保険とは、万一、お客さまの家に瑕疵(欠陥)が判明した場合に、その修復費用等が保険金により補てんされるものです。国土交通大臣の指定を受けた保険法人の提携検査機関が、基礎配筋検査、上部躯体検査を行い、その検査に合格した住宅に付けられる10 年間の構造躯体と防水に関しての長期保険です。
詳しくは、こちらをクリック

シロアリ10年補償
基礎パッキン工法により床下換気を行い、シロアリが嫌う乾燥した床下環境を作ります。シロアリ被害を防ぐという、人にも環境にも優しい工法を採用。さらに、土台にはシロアリを寄せ付けにくいヒノキ材を使用しています。万一、シロアリ被害が発生した場合は、保証約款に基づき最高500 万円まで補償します。
詳しくは、こちらをクリック

定期点検      共栄ホームでは点検を必ず行います

共栄ホームでは、定期点検を時期を定め行っております。お施主様の家を建てさせていただいた会社の義務として必ず行います。
お引渡しから定期点検にお伺いさせて頂きます。家は、長く住まわれると、思い出も増えていきますが、比例して、傷や劣化なども蓄積していきます。それを、早期に発見し、対処することにより、より、いい状態で永く住み続けられるようにするのが私達の仕事です。
『ホームドクター』として皆様にお会いできますことを心より楽しみにしております。その節では、また家のことや、人生のこと(^^)などをご相談・お話ください。
住宅保証機構による、10年保険システム + 当社無料30年点検サービス
  造りっぱなしの住宅では話しになりません。
当社では 『責任施工』 『一生涯のお付き合い』 をテーマに10年保証に加え、長期30年無料定期点検サービスを行っております。 

 地盤調査

暇疵(問題)を防ぐには、まず足元をしっかり安定させることが大切です。
まず、地盤に適合した基礎の仕様を提案するために、最初に現場の地盤調査を 実施します。 

配筋検査

建物をしっかり支える為に必要な足元の基礎。
それほど大事なものにも関らず施工精度・品質にバラつきが出やすく均質な 施工が難しいのが実態です。
コンクリートで固めると見えなくなってしまう鉄筋の太さや配置が図面通りに 組まれているか?
セメントを流し込む前にJIOの検査員がきちんとチェックします。 

構造検査

一連の検査の中でも特に重要な、主要構造体の検査は 「主任検査員」 というJIOの専属の一級建築士が厳しい目でチェックします。
家を支える柱や耐力壁の位置は図面通りか?
横揺れを防ぐ筋交いは図面通りに配置され適正に取り付けられているか?
木材の水分は25%以下になっているか?
など一般の方が見極めることの出来ない細かな部分までしっかり検査します。 

家は人がつくるものです。 人がつくる以上、絶対に失敗がないとは言えません。

だからこそ万全を期すために、そしてお客様に安心して生活していただくために共栄ホームでは第3者機関による保証制度を導入しています。

また定期点検を含めたメンテナンスは資格を持った専任の社員が担当します。営業マンや現場監督が本来の仕事の片手間で行なえるような仕事ではないからです。 また日本住宅保証機構(JIO)の住宅性能保証制度によりは、登録された住宅供給事業者(登録業者)が10年間の保証を適正・確実に実行できるよう、現場審査を受け、保険が適用されています。 有料メンテナンスを受ければ更に10年延長保証されます。 家は建てて終わりではありません。 日頃の適切なお手入れによって、新築時の良い状態を長く保つことが出来るのです。

ページトップへ
サイトマップ 会社案内 トップ