ブログ

2019年12月度住宅ローン金利情報  共栄ホーム 佐賀県 新築 家づくり 一戸建て

お疲れ様です。住まいナビゲーター黒ちゃんです。

毎年毎年、いつもこの時期になるとしみじみ思うのですが…1年って本当に早いですよね。

つい先日、「今年は○○をするぞ~」と誓いを立てたような気がしますが、もうあれから335日以上の日時が過ぎてしまいました。

今年1年、皆さんにとってどんな一年だったでしょうか?

 

12月となれば身の回りのことで何かと忙しい時期ではありますが、この時期だからこそ今年一年を振り返ってみるのもいいのかもしれませんね。

ただ、1年間という長大な時間をいざ振り返るとなると、かなりの時間がかかってしまいます。

それこそ、1分1秒を丁寧に振り返ろうとすると1年以上かかってしまいそうです。

しかも、そんなことを考えていると、「1年を振り返ること自体がめんどくさい」・・・なんて思ってしまう方もいるかもしれません。

ただ、年末の大掃除も大切ですが、自分の1年間を振り返って自分自身を大掃除することもとても大切なことだと思いますので、そんな方は「何のために振り返るのか?」ということを改めて考えてみてはいかがでしょうか?

 

例えば、今年してしまった失敗をまた繰り返すことがないようにしよう!とか、未来を切り拓くための何かはじめるとか、そんなことを考えながら1年を振り返ってみると、短時間で有意義な時間を過ごせるかもしれません。

ただ年末になって1年を振り返ってもどうしても限界がありますよね。

やっぱり1日1日、その都度振り返ることが大切なのだと改めて感じます。

来年の振り返りは今日から始まっているということですね。

 

 

~『2019年12月度住宅ローン金利情報』 3か月連続で金利が上がりました ~

2019年12月の住宅ローン金利は、金利を下げた金融機関も一部ありますが、多くの金融機関が金利を引き上げており、この動きは3カ月連続です。

足元の金利動向を分析すると、世界的に金利が上昇傾向にあり、日本もその影響を免れることはできないため、今後の金利動向に注意が必要です。

変動金利に関しては、今月も全ての金融機関が金利を据え置いていますが、固定金利と比較すると、変動金利は動き出すと一気に金利が上昇するので、検討している方は、注意しておくべきでしょう。

2019年9月までの金利低下が行き過ぎで、金利はさらに反発する可能性が高いと予想しています。

その一方で小康状態を見せている米中貿易戦争が再び激化する場合、景気が下押しする可能性も十分あるため、再度金利が低下する可能性も残されています。

内閣府が11月に発表した景気動向指数は、これで2か月連続の悪化となり、日本は景気後退局面に入っている可能性が高まっています。

もし3カ月連続で指数が悪化するようであれば、日本の景気に赤信号が灯ります。

なかでも住宅指標の悪化は、住宅価格に影響を与えるため、住宅の購入を検討している方はチェックしておきましょう。

各社の住宅ローンの金利動向をチェックしていきます。

ユーザー調査で、最も高い評価を受けているフラット35は、返済期間が21年以上の場合の金利が1.21%~2.13%(前月比+0・04%)、また、返済期間が20年以下の場合の金利が、1.16%~2.08%(前月比+0.06%)と今月も金利が上がりました。上がったとはいえ、まだ低金利なので魅力的なサービスを継続中です。

次に評価の高い住信SBIネット銀行は、変動金利及び2年、3年、5年の短期固定金利を据え置く一方で、10年固定金利を引き上げました。その一方で20年、30年、35年の中期固定及び長期固定金利に関しては引き下げています。

月中に翌月の住宅ローン金利がわかる利便性の高さが高い評価のソニー銀行ですが、変動金利及び5年、10年固定金利を据え置く一方で、3年と30年固定金利を引き上げています。

今月は借り入れ期間によって対応が分かれた珍しい月と言えるでしょう。

メガバンクのみならず、日本全体の住宅ローン金利の指標となっている三菱東京UFJ銀行は、変動金利、3年固定金利を据え置いていますが、5年、10年、30年固定を引き上げています。

三菱UFJ銀行 に次ぐ人気と、住宅ローン貸し出し実績を誇るメガバンク、三井住友銀行は、ボリュームゾーンの10年固定金利を引き上げる一方で、借り換えを希望するユーザーの35年固定金利を引き上げました。

メガバンクの一角、みずほ銀行は、3カ月連続でほぼ全ての金利を引き上げているので注意しましょう。

今月の住宅ローン金利の動向を総括すると、金融機関によって判断が分かれただけではなく、金融機関内でも借り入れ期間によって金利を大きく調整した月と言えるでしょう。

足元の金利状況を見ると、2020年1月も引き続き金利が上昇する可能性が高いと考えています。

ここ3カ月の金利上昇を考慮しても、まだ住宅ローン金利は十分に低い水準にあります。

住宅は欲しい物件があり、無理のない返済計画が立てられるのであれば、その時が買い時です。

住宅ローンの借り換えを検討している方は、総返済額の圧縮だけではなく、一部繰り上げ返済のし易さや団信の充実度なども考慮し、住宅ローンを選ぶと良いでしょう。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

完成見学会と構造見学会のお知らせです。

※構造見学会とは柱や断熱材などを完成すると見えなくなる所を見る大切な見学会です。
  
伊万里市脇田にて、
日時:12月14日(土)、15日(日)

「ちょうど良い快適な平屋の家」

の完全予約制の完成見学会を開催いたします。

  

唐津市市浜玉町にて、

日時:12月21日(土)、22日(日)

「仲良しご家族のコンパクトな平家」

完全予約制の「構造」見学会を行います。5割出来た状態です。

 

両日とも

 時間:10時~17時(最終受付)/1時間1組限定の完全な予約制の見学会です。

 予約:9時~17時  0120-938-935 

 携帯17時~21時  090-9600-8390

地図は連絡頂いた方だけにお送りしております。
 
 
気軽に見に来てくださいね。 耐震や断熱や仕様や金額についての質問大歓迎です。
 
宜しくお願い致します。
  
 
立花60坪~70坪程度と大川内65坪程度に土地が出ました。
電話だけの問い合わせには応じていません。
面談させて頂いて私達の会社の事をじゅうぶん知ってもらい
うちで建てても良いと思われる方だけ現地に一緒に行くことになります。
大変申し訳ありませんが予算総額2500万円以上(建物・諸経費・土地)の方が対象です。
こちらもよろしくお願い致します。
 
 
感謝
  
  
何か、ご相談・ご質問等ございましたら

HPのお問い合わせより遠慮なくメール下さい!
(訪問NGの方には、メールで対応致します)
弊社は基本的にアポなし訪問は行っておりませんのでご安心ください。

皆様の、夢のマイホームづくりに、少しでもお役にたてれば幸いです。

 

 

営業エリア=伊万里市・唐津市・佐賀市・有田町・武雄市・松浦市・近郊

株式会社 共栄

設立 昭和43年1月22月

三代目 黒川拓郎(現社長)

1968年より創業し、3代に渡り歩んで参りました。
在来工法にこだわりながらの最新の工法を用いて
厳選した、材料を100%使用し、お客様が満足される性能と価格にしました。

長期優良住宅を標準仕様とし、手の届く価格に改正致しました。
(更に太陽光を載せれば、ZEH=ゼロエネ住宅になります)

目的=性能とデザインと価値のある家づくりで、お客様を幸せにします!

目標=バランスの取れたロングライフな家づくりの素晴らしさを、日々発信します!

ビジョン=社員・大工その家族の物心共の豊かさつくり!

特徴=魂を込めた、「こだわりの設計」による家づくり

まず予算を守り、その中からデザイン・性能・間取りを引き出して行きます。

創業50年による品質。

適正価格な性能とデザインにこだわる、私たちの家づくりに、共感していただける
お客様を、心よりお待ちいたしております!

 

共栄ホーム 代表取締役(三代目)

共栄ホームに勤めて、本当に良かったと思えるように。

共栄ホームに頼んで、本当に良かったと思っていただけるように。

共栄ホームと出会って、本当に良かったと思っていただけるように。

関わる全ての人が幸せになりますように。

 

 

この記事を書いた人

 

家づくりナビゲイター黒ちゃん

建築オタク!!  建物大好きでカフェに行っても建築材料の納まりや、どんなモノが使われているか? を見てニコニコしているような人物。適正な予算額を導き出して間取り・性能・デザインに妥協しない家づくりがもっとう。アドバイスすることに生きがいを感じ、押し売りは苦手で強引な営業は出来ない。デザイン・耐震・断熱・材料・間取り・住宅ローン等、建築全般の研究が日課。お客様からは接しやすくて優しい言われます。そんな落ち着いた見た目とは反してお客様のこと、社員、大工さんや職人さんのこと、 これからの建設業界のこと、 そして何より家族のことを一番に考えている、静かに心を燃やすタイプの人物です。

 

 
 
2019年12月5日 posted|→ 記事一覧
ページトップへ
サイトマップ 会社案内 トップ