ブログ

住宅ローンの金利情報 2019年9月 共栄ホーム 佐賀県 新築 家づくり 一戸建て

お疲れ様です。住まいナビゲイター黒ちゃんです。
虫の音が聞こえて涼しいかなと思いきや、暑い日が続きますね。
皆さん、体調管理されてじゅうぶん休んでくださいね。
それと佐賀もそうでしたが災害の見舞われた方。
早く元の生活に戻るようお祈り申し上げます。
最近は全体的な家のスペック決めに時間をかけておりまして
現状→推奨

・窓 サッシ  アルミ樹脂→オール樹脂
・断熱     UA値0.87→0.6以下
・気密    C値  1以下→0.5以下
・換気    3種→1種換気(ダクトのない3種が良い時もある)
・エアコン        各室エアコン→暖房1台・冷房1台 合計2台だけ
・耐震    耐震2→耐震3
これだけでかなりの性能なのでOKだと思います。
 
 

さて、住宅ローンの金利が気になりますよね。

っとその前にこの記事読んで見てください。
 
 出典は「マネーの達人」様です。by 2019/08/26
 

上記のWebページの全文です。

 

世界経済減速で、日本の「住宅ローン金利」はどうなる? 

長期固定金利がさらに低下する可能性も

その筆頭がトランプ大統領率いる米国で、2020年の大統領選挙を控えて、

金融緩和を意味する利下げを迫り、実際に予防的な利下げが行われました。

ただ、「保護主義」が台頭すると、それぞれの国が自国の利益を最優先に考えるため、

世界経済全体では減速が進みます

今回は、現在の世界経済の流れを解説するとともに、

世界経済減速により、日本の住宅ローン金利がどうなるか考えます。

 

 

米が政策金利を10年半ぶりに利下げ

日本以上に好調な経済を受けて、米国では指標となる政策金利を据え置いた後、

2017年から引き上げてきました。

政策金利を引き上げることを金融引き締めといい、

銀行からの借入金利などが引き上がることで経済の過熱を防ぎます。

 

 

今年前半の予想では、政策金利をさらに引き上げるか、据え置くものと考えられていました。

しかし、米中貿易摩擦で米国経済に先行き不透明感が広がるとともに、

トランプ大統領からの過度な口先介入に、市場も反応せざるを得なくなりました。

結果的に、米国の中央銀行の中核機関である米国準備制度理事会(FRB)は、

7月30~31日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で

政策金利を0.25%引き下げ、年2.00~2.25%に誘導することを決定しました。

 

 

今回の利下げは予防的な措置と言われますが、

トランプ大統領はさらなる利下げを促しており、

2020年の大統領選挙や米中貿易摩擦の影響により、

さらなる利下げが行われる可能性もあります。

 

日本では長期固定金利がさらに低下する可能性も

米国の利下げで、世界経済もある程度の回復が期待されましたが、
「保護主義」により世界が分断された現在、効果はありませんでした。
 
 

むしろヨーロッパの中央銀行である欧州中央銀行(ECB)も9月の利下げを示唆、

日本の中央銀行である日銀も追加緩和も辞さないという文言を追加しました。

 

 

米中貿易摩擦では、米国が9月1日から、

中国からのほぼ全ての輸入品に関税を課す(一部はクリスマスシーズンまで延期)と

発表するなど激化の一途をたどり、その他にもリスクが山積みとなっています。

 

 

このようなリスク回避の状況においては、市場は円買いと国債買いで対応します。

日銀としては長期金利(10年物国債の利回り)を0%程度に抑えたいようですが、

実際の市場では長期金利は-2.5%程度まで低下しています

(国債が買われ過ぎて高値になっている)。

 

 

長期金利に連動しやすい、住宅ローンの長期固定金利はここ数か月で緩やかに低下し、

8月のフラット35の最低金利は年1.17%となっています

(団信あり、21年以上~35年以下)。

 

 

今後、世界経済がさらに減速し、米国やヨーロッパが相次いで利下げするようだと、

日本でも追加緩和が議論され、長期金利はさらに低下するものと考えられます。

 

 

フラット35の金利が年1%に接近してもおかしくはなく、

これ以上下げられない変動金利との金利差が縮小、

長期固定金利を考える人には絶好のチャンス到来となりそうです。

 

 ————————–ここまで————————————-
 
どうでしたか??  なんとなく住宅ローンの行く末がお分かりになりましたでしょうか??
 
 

それでは、早速今月発表された各金融機関の

今月の住宅ローン金利を見てみましょう。
 

メガバンク5銀行より発表された2019年9月適用分の住宅ローンです。

以下にご紹介するものは、当初10年間の金利が固定される

各行の主流タイプの商品です。

〇三菱UFJ銀行…0.99%→0.99%(±0.00%)

〇三井住友銀行…1.00%→1.00%(±0.00%)

〇みずほ銀行…0.70%→0.70%(±0.00%)

〇りそな銀行…0.60%→0.55%(-0.05%)

〇三井住友信託銀行…0.60%→0.60%(±0.00%)

 

今月は、

メガバンクの上位3行を含む殆どの金融機関が、

当初10年間の金利が固定される各行の主流タイプに関して、

金利を据え置きました。

 

そんな中、りそな銀行が、金利を引き下げました。

 

当初固定10年間だけでなく、全体的に細かく見てみるとメガバンクのみならず、

日本全体の住宅ローン金利の指標となっている三菱UFJ銀行ローン金利は、

変動金利、固定金利ともに据え置きました。

 

三菱UFJ銀行 に次ぐ人気と、住宅ローン貸し出し実績を誇るメガバンク、

三井住友銀行は、借り換え利用時の35年固定金利のみ引き下げています。

 

その一方でみずほ銀行は変動金利を据え置く一方で、

11年を超える期間の固定金利を引き下げています。

 

では、先月、金利を引き下げた、固定型住宅ローンの代名詞でもある

全期間固定型金利の【フラット35】はどうなったでしょうか?

さっそく『今週のTOPIC』をご覧ください!!

―――――――――――――――――――――――――――――

■ 今週のTOPIC「フラット35 2か月連続で史上最低金利を更新!」
―――――――――――――――――――――――――――――

住宅金融支援機構(東京都文京区)が

民間金融機関と提供するフラット35の
2019年9月の適用金利が発表されました。
 

◆融資率9割以下で返済期間が21年以上35年以下の

 主力タイプの金利幅は…
 1.11%(前月より-0.06%)~1.87% と、今月は大幅に金利が下がりました。
 

先月から続いている、フラット35史上最低金利を更に大幅に更新しました。

また、金利1.10%台前半となり、益々魅力的なサービスを提供中です。

 

融資率9割以下で返済期間が20年以下の金利幅は以下の通りです

1.05%(前月より-0.06%)~1.81% と、中期に関しても引き下げました。

 

融資率が9割超で返済期間が21年から35年以下のタイプの金利幅は…

1.55%~2.31%

◆融資率9割超で返済期間が20年以下のタイプの金利幅は…

1.49%~2.25%

以上のようになっています。

 
今月のフラット35は、全体的に大幅に金利を引き下げました。

ここ数か月で、金利が上がったのは4か月前のみで1.10%台前半となり

フラット35史上の低金利を継続し魅力的なサービスを提供中です。

フラット35を検討している方にとっては、先月に続き、うれしいニュースとともに

大きなチャンスを継続中です。

メガバンク、フラット35以外の動きですが、新生銀行を除く全ての金融機関が

変動金利を据え置いています。

ちなみに新生銀行は変動フォーカスタイプの金利を引き下げ、

0.45%での提供を開始しました。

固定金利に関しては、世界の長期金利が急低下している影響を受け、

多くの金融機関が長期固定金利を中心に、小幅ながら金利を引き下げています。

固定金利は、主要金融機関18行の中で、金利を引き上げたところはありませんでした。

今月の住宅ローンの全体的な動向は、ほぼ全ての金融機関が

長期金利を中心に金利を引き下げており、全面安の状況でした。

現在の長期金利低下は行き過ぎだと考えていますが、

世界的な長期金利低下が止まらない以上、もう少し下がるかもしれません。

ちなみに欧州の一部(デンマーク他)では、住宅ローン金利自体が

マイナス金利になっており、住宅ローンを借り入れると

お金がもらえるという異常自体が発生しています。

先月、これ以上の金利低下は考えにくいと予想していましたが、

この予想は完全に外れました。

世界中の長期金利が低下しており、日本も例外ではありません。

ちなみに世界中の金利を左右する米国10年債は、1.48%前後をつけており、

節目の1.5%を下回っています。

ここまでの金利低下を予想したところはほぼ皆無であり、

この金利低下は想定外の事態と言えるでしょう。

住宅ローンの新規借り入れ、または借り換えを検討しているのであれば、

この想定外のタイミングに利用すべきと考えています。

また内閣府が発表を予定している景気動向指数は、

前月からの改善を予想しています。

しかしながら米中貿易摩擦の激化や海外経済の動向、韓国との関係悪化など、

日本を取り巻く環境は厳しさを増しており、今後の先行きには不安がああります。

住宅ローンの利用を検討されている方の中には、

景気が停滞し、住宅価格が下がるのを待っている方も多いと思いますが、

景気の悪化と住宅価格は必ずしもリンクしません。

また2019年10月には消費増税が控えており、新築物件は値上げが予定されています。

住宅ローン減税が拡充され、住宅価格の上昇を抑える措置が

取られるとはいえ、増税の影響を全て打ち消すほどの効果はありません。

もし良い物件が見つかったらのであれば、購入を検討すべきです。

買わずに後悔するくらいなら、買って後悔することをおすすめします。

そして今後の不透明な金利状況の可能性を考えると、

フラット35は、借入時から完済時まで全期間固定型の住宅ローン商品なので、

今借り入れた方は35年後の完済時までずっと低金利の恩恵を受けられる…

というメリットがあります。

いくら借入時の金利がいくら低くても、何年後かには住宅ローンの返済に追われる生活…

そうなってしまっては元も子もありません。

目先の数字にとらわれず、しっかりとそれぞれの住宅ローン商品の

メリット/デメリットを理解し、家族のライフプランに合った住宅ローンを

選択しましょう!!

※下記のサイトにて、

フラット35の金利推移をご確認いただけます。

現在がどれほど低金利であるか?? ご参照くださいませ。

http://www.flat35.com/kinri/index.php/rates/top

【フラット35】の利用を予定している方、住宅ローンの新規利用・借り換えをお考えの方など、

いずれにしても、早めに行動へ移すことをお勧めします!!

最後に、金利が大幅に下がった2019年9月の住宅ローン金利は、

過去最低水準で推移しております。

現在購入を検討している方はもちろん、住宅ローンを借り換えのタイミングを

見極めているという方にとって、金利が低いい今月は、

検討する価値があります。

住宅ローン金利が最低水準にある、この機会を見逃さないようにしましょう。

★今日のボヤキ

一日一食抜いているのにお腹へこみません・・・・・(TT)

―――――――――――――――――――――――――

■ 失敗しない家づくりのためのイベント情報
―――――――――――――――――――――――――
 

9月15日(日) 賢い家づくり、お金の勉強会 in 唐津

家族が笑顔で過ごすための賢い家づくりお金の勉強会を開催致します。
※お子さま大歓迎    勉強会は子連れでご参加可能です。
 
住宅ローンを借りながらも貯金を増やし、
子供の教育費もきちんと準備できる家を
30代で手に入れるための勉強会です。
 
■■たった60分で家づくりの5つの重大ポイントがわかる■■
1. お金 2. 耐震   3. 省エネ   4.   土地   5.   健康
上記5つの項目を詳細にお教え致します。
 
■絶対後悔しないために必要な知識とは
建売住宅の購入を検討されている方はちょっと待ってください。
この勉強会では購入前に知っておくべき情報や、
業界関係者だからわかるここだけの秘密を、
専門家がわかりやすくさらに楽しくお伝えします。
 
きちんとすることでトータルで何百万円もの差が生まれる大切な情報です。
住宅購入を大成功させるために必ず役立つ勉強会なので、
この機会にぜひご参加ください。
勉強会後には個別相談も上がります。
 
■たったの50分で家づくりの5つの重大ポイントがわかる!
しっかりした資料とオリジナルチェックリストをお渡しするので、
住宅会社の比較が簡単にできるようになります。
・建て売り住宅、中古住宅、マンション、注文住宅の特徴等をしっかりお伝えして、
自分に合った家を自分たちで選べるようになります。
 
 
————————————————————–
■ご予約 
電話 からのお申込みはこちらから→0120-938-935
Web からのお申込みはこちらから→https://11ie.net/benkyoukai/benkyoukai02/
 
■日時
2019年 9月15日(日曜日)
第一部10時半~11時半
第二部13時半~14時半
第三部15時半~16時半
※必ず第何部かご連絡ください。お名前と携帯電話をお教えください。
 
■場所
高齢者ふれあい会館 リフレ 佐賀県唐津市二夕子3丁目155番4
 
■参加費 無料
申し込み先着順 各会5組様限定(10名様まで)
お子さま大歓迎    勉強会は子連れでご参加可能です。
 
参加希望の方は電話、またはWEBにてお申し込みください
申し込み締め切り日は9月14日土曜日になります。
※当日9/15(日)の電話申込は受け付け出来ません。
 
 
 
 
 

=家づくり勉強会=

【失敗しない住宅ローンの選び方 勉強会】
日程:毎日開催 ご予約ください。
時間:1時間30分程度
場所:佐賀オープンスタジオ佐賀市呉服元町
   伊万里市オープンスタジオ
   唐津モデルハウス
参加費用:無料ご招待

≪こんなことが分かります≫

・自分に合った住宅ローンの選択基準がわかります!
・銀行の営業マンが話さない、金利の裏側教えます!
・払い過ぎ注意! 本当に必要な保険だけ教えます!
・建てた後も安心できる、秘密の裏ワザ公開します!

詳しくはこちらから↓

お問い合わせよりご予約ください。
 
 

■□ 共栄ホーム
□□ https://www.kyoeihome123.jp/

■ インフォメーションにイベントがあるかもなので要チェック!!

 

●無料相談毎日開催中!!
お問合せ http://www.kyoeihome123.jp/soudankai/

佐賀県 伊万里市 西松浦郡 唐津市 武雄市 佐賀市
長崎県 松浦市 佐世保市
家づくり・一戸建・新築・注文住宅なら共栄ホーム

 

このブログはあなたのために書いています!! 

また時間の空いた時に参考に見てくださいね~
それでは、また、住まいナビゲーター黒ちゃんでした。

 

2019年9月9日 posted|→ 記事一覧
ページトップへ
サイトマップ 会社案内 トップ